薄毛や抜け毛を改善出来る成分

国内では市販薬として薬局等でも販売されている外用薬の成分ミノキシジルとは、成分フィナステリドとするプロペシア錠と並んでAGA治療には必要とされる有効成分の一つになり、偶然に発見された成分とされ、高血圧症の治療薬として用いられていましたが投与を継続していく内に体毛が濃くなるという副作用が見つかり成分研究を進め頭皮に使用した所、育毛作用が有る事が分かり米国で初めて本成分を用いた外用薬ロゲインが誕生しました。
国内では1999年からリアップという商標で販売が開始されており、当時のミノキシジル含有量は一%としていましたが、現在ではX5という五%含有の製品も誕生しており、男性の方であれば誰でも気軽に個人で毛髪の薄い状態を治療する事が出来るとされています。
外用薬となるので重篤な副作用等の報告は無く、安全に使用する事が出来ますが皮膚の弱い方や成分が頭皮に合わない場合には気触れや発赤する事が有るとしているのでその際は使用を控える必要が有りますが、液剤なので頭皮に直接塗布する事で成分が頭皮から透過していき毛穴の中の毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化させ、その下を走る毛細血管等の無数の血管も同時に活性化させる事で頭皮への血液循環が良くなり血液を介して毛髪の成長に必要とされる養分や酸素を供給する事が出来るので細く柔らかくなった毛髪をコシや張りの有る硬毛へと変化させる事が出来ます。
外用薬なだけに弱点は頭頂部のみにしか有効性を発揮しない事となり、液だれを起こす事から生え際等の前頭部には用いる事が出来ず成分透過を不十分としてしまうので本剤は頭頂部のみの使用とされています。
上記に簡単に記載したAGA治療もう一つの成分フィナステリドを含有するプロペシアは、内服薬とされ市販薬としては購入する事は出来ませんが、薄毛や抜け毛といった脱毛症の症状を起こしている原因物質が頭皮内で産生される事を阻害する事が出来る薬となるので、ミノキシジルと併用する事でプロペシアが原因を取除き頭皮環境を整え、これから成長あるいは現在残る毛髪が健康な髪へと成長を促進させる事が出来るので医師によっても併用を推奨しているのでAGA治療にはこの二つを取り入れる事で育毛、発毛両方の作用を期待する事が出来ます。

メニュー

参考サイト